心身のリフレッシュ方法のひとつで、リフレクソロジーという単語を耳にしたことがあると思います。リフレクソロジーは、主に足の裏または手のひらなどの特定の部位を押して刺激を与えることにより、特定の部位に変化が起きる現象を利用したものです。反射療法とも言われ、足裏マッサージなどと言う方が浸透しているかもしれません。リフレクソロジーは、アメリカが発祥であるアメリカ人医師が手術中の患者がベッドの梁などに手足を押しつけていることを発見し、医学的研究を重ねた結果痛みを和らげる効果を発見しました。さらにアメリカの理学療法士が、足の特定部位が身体の各部位に対応していることを突き止めました。それによって、フットチャートと呼ばれる図が出来上がり、後世に伝わっています。いわゆる足ツボと混同しがちですが、リフレクソロジーと足ツボは大きく違うものです。例えば、リフレは部位を面で捉えるのに対し足ツボは点で捉えるなど、思想や歴史、理論なども大きく違うのです。